こんにちは。国際中医薬膳師の長岡桃白です。

お昼をたくさんいただいたので、ちゃんとした夕飯は厳しいなと思って自転車で徘徊しておりましたら、喫茶マドラグさんの前を通りました。

IMG_6793
 
「喫茶セブン」と看板にありますが、「喫茶マドラグ」です。

こちらは、かつてこの場で50年つづいた「喫茶セブン」の内装を残しながら、「喫茶マドラグ」として現在の店主が開店なすったお店なのだそうです。

引き継いだのはお店だけでなく、 先日「マツコの知らない世界」で紹介されていた、いまはなき洋食レストラン「コロナ」の玉子サンドも受け継がれています。

IMG_6792
 
玉子焼きが驚異的なふくらみ具合で、スフレかと思うくらい淡い食感です。

パンもふわふわで、味もかなりソフト。

食べ心地は軽いですが、2人で1皿をシェアしたほうがよさそうです。

平日の夜だからか満席ではありませんでしたが、ひっきりなしに電話がかかってきて「すみません、その日はいっぱいなんです」とお店の方が断ってらっしゃいました。

こちらの店主・山崎さんは「京都喫茶文化遺産チーム」を立ち上げ、「街に残していきたい喫茶店」を守り受け継いでいく活動をなさっています。
京都京都喫茶文化遺産

とても尊いことです。

喫茶 la madrague
京都市中京区西洞院東入ル北側上松屋町706-5
075-744-0067
11:30〜22:00(L.O. 21:00)
「お席のご予約は11:30にご来店の場合のみ、店頭及びお電話で受付けております」とのこと