こんにちは。国際中医薬膳師の長岡桃白です。

昨日にひきつづき、なんとなく肺やのどが乾燥するのを感じます、感じませんか。

関東では「生落花生」がスーパーマーケットにならぶようになりましたね。

IMG_6501
 
落花生も秋に採れるものだけあって、やっぱり肺を潤すんですよ。

肺を潤して空咳をおさめて、消化器官を丈夫にする働きがあります。

あと、豊富に含まれるメチオニンが肝臓の働きを助けます。

ですから、お酒のつまみにピーナッツをあわせるのはよいことなんですけれども、お酒、とくに蒸留酒はからだを乾燥させますから、咳がでたり喉が痛い方は控えめにしておきましょうね。

落花生を簡単にいただくなら、塩ゆでがおすすめです。

殻つきの落花生をよく洗い。

IMG_6504
 
3%の塩水(お水1リットルに対して大さじ2の塩の割合) で30〜40分ほどゆでる。

落花生が浮いてきてしまうので、落しぶたをしたほうがよいです。 

ゆであがったら、15分ほどゆで汁につけておく。

以上でございますよ。

やわらかくて、脂肪分が多い味がして、ベリーおいしいですね。

ベリーおいしいですけれども、消化しにくいですからね、食べすぎないでくださいね。 

IMG_6509

薄皮のままいただけますよ。

薄皮にはね、皮膚の紫斑状出血を改善する働きがあるんですよ。

落花生はね、黒ごま、松の実とならんで「長生果」と呼ばれる尊いものですからね。

「長生きする実」なんですよ?なんですよ?

ゆでるだけですから、生のものがでまわっている今、召し上がってくださいね。