こんにちは。国際中医薬膳師の長岡桃白です。

ベトナム的フランスパンに、レバーペーストやらもろもろをはさんだサンドイッチ「バインミー」。
IMG_5544

ここ数年、東京でもじわじわと専門店が増えていて、ブームの兆しを感じますあれです。

ホイアンで一番おいしいと評判の「Banh mi Phuong( バインミー・フォン)」に行ってみました。

人気店だけあって、お昼どきには前の道にはみだすほどのお客さんでごったがえします。

店内でも食べられますが、とうてい奥まで進めませんので、テイクアウトの列にならびます。

テイクアウトの列といっても、混沌としていてどこに並んでどうオーダーすればよいのかまごつきますが、列に並んで、入り口の食材が並んでいるカウンターの奥にいる店員さんに、「何番を何人分」と注文すればOK。
IMG_6079
お店の前にメニュー表が飾ってあります。

商品番号No.3が、いわゆる具材全部のせですので、よくわからなかったらNo.3と叫ぶ。

ものすごい混雑にもかかわらず、店員さんがきちんとオーダーを覚えていてくれて、サンドイッチが仕上がったら「何番、何人分できたよ〜!」的な声をかけてくれますので、油断せずきびきびと受け取るのです。

ベトナムのフランスパンはクリスピーかつとても軽い食感で、なにに似ているかというと、ドトールのミラノサンドなどに使われている、あのリッチとは言い難いパンにニアリーです。

でもこのリッチとは言い難いパンも、レバーペーストにハム、焼いた豚肉、目玉焼き、なますなど、かなりパンチの効いた具材と一緒に食べると、重すぎずいいかんじなのです。

満足感いっぱいのおいしさなのに、ぺろりと完食でございますよ。

昨日、ブログでご紹介した、ラブリーな「福建会館」の近くですので、散歩のおやつにおすすめです。

混雑を避けるなら、午前中のほうがよいでしょうか。


「Banh mi Phuong( バインミー・フォン)」
2B Phan Chu Trinh, Cẩm Châu, Hội An, Quảng Nam