ご来訪ありがとうございます。

台湾と香港が大好きすぎて
前世に暮らしてたんじゃないか疑惑の
国際中医師・中医薬膳師の長岡桃白です。

さて、今回宿泊したのは松哖酒店(ソンネンホテル)。


ツアー内で選択可能なホテルの中で、
「まだ新しくきれい」で
「週末の建國假日玉市に近く」
「永康街にもまあまあ近い」

という理由で選びました。

バスルームに湯船がなく
シャワーだけという難点がありますが、
台湾は暖かい国なので真冬でなければOKかなと。

最寄駅「忠孝新生」からも
徒歩5〜6分程度とやや歩きますが、
そのくらいの運動はしたほうがいいですし、

なによりタクシーが安くて便利なので
どこに行くにも不便は感じませんでした。

ホテルのスタッフもたいへんホスピタリティが高く、
日本語もほどほどならば通じましたので、
どなたでも安心して宿泊できる
リーズナブルなホテルかなと思います。

さて!
松山空港からホテルに到着後、
さっそくランチに繰り出した我ら。

しっかり徒歩圏で美味しいお店をリサーチしておきましたよ〜。


1105a


地元の人にも、日本人観光客にも人気の小籠包のお店です。

開店すこし前に行きましたが、
すでに3組のお客さんが並んでいました。

噂に違わずどれもこれも美味しかったのですが、
特筆したいのは、「瓜蝦湯包」(ヘチマとエビの小籠包)の美味しさ!

これまで、「なぜ小籠包にわざわざヘチマ?」と思っていましたが、
(鼎泰豊あたりで食べても、さほど美味しさがわからなかったのです)

このお店で食べて納得。

ゴロゴロと角切りヘチマが入った小籠包は
あっさりしつつも滋味溢れ、
ちょっと濃いめの台湾の味をうまく中和してくれます。

締めにオススメの一品ですね。

1105b

薬効としては、
ヘチマはからだの熱を冷ます作用があり、
それゆえに暑い気候の台湾で常食されているのでしょう。


薬効といえば、黒きくらげたっぷりのこちらもいいですね。

1105c


くまこさんが「みなさまの若さと美しさのために」と
おかずの棚から、真っ先に取ってきてくれました。
(台湾は前菜やおかずを自由に選んで取るシステムが多いのです)

黒い食材は「腎」にいい。

「腎」は老化を司る。

くまこさん、すっかり薬膳に詳しくなってきたようです。

さあ、たっぷり小籠包を食べて、大満足。

次なるお目当ては、
やはり徒歩圏内の「建國假日玉市」です!

あっ、その前に
コンビニで地下鉄カードを購入した話を書こうかな。

長くなってきましたので、
続きはまた次回にいたします。
のんびり読みにいらしてくださいね。

では、みなさま今日もお元気で。

 ------------------------------------------------------------------------------------
池袋コミュニティカレッジで薬膳講座を持っていますので、
よろしければ、ご参加くださいね。

次回の講座は、2017年1月14日開催
「からだがよろこぶ 薬膳おやつと薬膳茶」です。
老化をつかさどる「腎」をケアする
「胡桃のおしるこ」と「芝麻湯圓」をつくります。


------------------------------------------------------------------------------------
こちらの作品の薬膳監修をしました。