ご来訪ありがとうございます。

丹波栗をいただいて嬉しい
国際中医師・中医薬膳師の長岡桃白です。

0920_1


むくのはやはり面倒ですが、
秋にぜひ摂りたい木の実ですからね。

どんな薬膳ごはんをつくろうかな。
つくったらまたご紹介しますね。

さて、今日は神戸の話の続き。

神戸のお嬢さんたちに阻まれて
薬膳カフェのランチを食べそびれた我ら。

さてどうしようかと思いつつ、

「そういえばこのあたりに、子どもの頃に
よく連れてってもらったお好み焼きがあるのよね。
おいしかったな〜……」

とポロリと漏らしたら、「そこ行こ!」と
即、食いつかれてしまいました。

わたくし、出身は砂丘の国(鳥取)なのですが、
親戚が神戸にいて、
幼い頃にはよく遊びに来たのです。

しかし、もうン十年前の話。

商業施設の中の、ちいさなお店だったと思います。

まだ、あるのかしら…とググったら、
ありましたありました、良かった!

とみちゃん 

湊川公園駅前にある、お好み焼き屋さんです。
懐かしい!!!

大興奮で昔のままの暖簾をくぐると、
お昼時はとっくに過ぎたというのに
ほぼ満席でした。

カウンターのみのひっそりした店構えですが
知る人ぞ知る地元の名店なのです。
0920_2


仕事仲間が撮った写真を拝借。
跡取りの息子さんなのでしょうか、
頭に手ぬぐいを巻いたハンサムなお兄さん、
無駄のない華麗なコテさばきです。
0920_3
0920_4
私たちは3人で、
イカ焼き、モダン焼き、オムそばを注文。

さらにネットで見つけたクーポンで
肉焼きまでいただいてしまいました。

関西では、お好み焼きって
シェアして食べたりしないんですよね。

ひとり一枚食べるもの。
まわりもみんなそうしています。

というか、地元のおじちゃんやおばちゃんが
ひとりでブラッと入ってきては
小瓶のビール(350円!)をお供に
ササッと小腹を満たしては去っていくという粋な店なのです。

だから、いろいろ食べたいけれど、
ここでシェアしたらお行儀悪いかな。

そんな感じでもそもそしてたら、
我らのムードを察してお店のお兄さんが
ニコニコとそれぞれのお好み焼きを3等分して
我らの天板の前に置いてくれました!

やーさしい!

見てると、とにかく気がきくお兄さんです。

地元人気だと観光客には冷たいお店もありますが、
いかにも一見の私たちにも親切という
とても居心地のいいお店でした。

肝心のお味は、
昔と変わらず、とても美味しい!

ふわっとしつつ、あっさりしていて、
やっぱり粋な味のお好み焼きなのです。

わたしはお好み焼きが好きで
大阪の名店もしこたま食べ歩いて、
そのつど「おいしい!」「さすが!」とは思うのですが
どことなく違和感も拭えませんでした。

それはきっと、この「とみちゃん」の味が
わたしのお好み焼きの原風景だからですね。

いまどき人気のお好み焼きは、
こってりし過ぎと感じてしまうのかも知れません。

しかし、人の好みはそれぞれで、
大阪出身の同行者は「おいしい」とは言うものの
やはり少々物足りない顔をしていたし、

福井出身の同行者は味が近いのか、
「これはウマイ!懐かしい!」と絶賛していました。

面白いですね。

ともかく、お店にはひっきりなしに
地元のお客さんが訪れては、
たとえ焼きそばでもコテひとつで食べきるという
匠の技を見せつけておりました。

昔ながらの粋なお好み焼き屋「とみちゃん」、
神戸に来たら、また必ず立ち寄りたいと思いました。

いつまでもそこにあってほしいお店です。
0920_5

ていうか、三人でお会計が1990円ってコスパ良すぎでしょ!!!

では、また明日。
台風が猛威をふるっておりますが、
皆様、今日もお元気で

 

関連ランキング:お好み焼き | 湊川駅湊川公園駅新開地駅




------------------------------------------------------------------------------------
池袋コミュニティカレッジで薬膳講座を持っていますので、
よろしければ、ご参加くださいね。

次回の講座は、10月8日開催
「からだがよろこぶ 薬膳おやつと薬膳茶」です。
秋から冬への乾燥をやわらげる
「杏仁と白きくらげと梨のデザート」と「ドライフルーツと木の実の薬膳バー」をつくります。



------------------------------------------------------------------------------------
こちらの作品の薬膳監修をしました。