ご来訪ありがとうございます。

ドーナッツ愛好家、
国際中医師・中医薬膳師の長岡桃白です。

そうなんです、ドーナツ、好きなんですよ。
パンケーキも好きです。
バームクーヘンも崇拝しています。

つまり、小麦粉を使った、もふっとしたお菓子が好きなんですよ。

ところが、いろいろ学べば学ぶほど「食べなくてもいい」という結論に達してしまい。

歯ぎしりしすぎて奥歯が割れそうです。

いえ、小麦にも効能はあるんですよ。
小麦を用いた甘麦大棗湯という漢方薬もあります。
不安にかられやすい方はどうぞ。

でも小麦のお菓子は別に食べなくてもいい。
むしろ食べないほうがいい。
食べてしまいますけれどね、普通にね。

さて、徒然とそんなことを思いつつ、昨夜は秘蔵の高麗人蔘酒で晩酌をしていました。
 

090901


昨年仕込んでおいたものです。
養命酒でも飲むように少量キュッと飲めばいいのですが、暑いので炭酸で割りました。

お酒も、飲まなくてもいいものです。
でも、すこしなら、ふわっといい気分になれます。
せっかくなら薬酒にしましょうかというところ。

高麗人蔘酒の仕込み方は、だいたい梅酒と一緒でむずかしいものではありませんが、

いかに品質の良い高麗人蔘を仕入れるかがポイントでしょう。

そろそろ高麗人蔘の旬がやってきます。
10月なのだそうです。

昨年は、初台の専門店で求めましたが、
同時期に近所のスーパーでも発見して驚きました。

普通に置いてあったのです、青果の棚に。
こんなの誰が買うの!(わたしです)

二回に分けて買い占めたので、
(一度で買い占めなかったのは同好の士がいたらいけないと思い)、
高麗人参にニーズがあるエリアであることは主張できたかと思います。
今年の青果の棚が楽しみです。

高麗人参酒のおかげか、今朝も目覚めすっきり。
でもわたしは子どもの頃から寝覚めはいいので、いつも通りとも言えますが。

でも、いつも通り、健やかな毎日が大切ですね。
皆様も夏の疲れに薬酒、いかがですか。 

090902